NEWEST /    BACK >

日本地理学会でつる探での研究成果を発表します!

2019年3月21日に,専修大学で開催されます日本地理学会春季学
術大会 高校生ポスターセッションに以下の生徒が応募し,採択され
ました。

発表者 丸山 武蔵(1-6)・黒川慧士(1-1) 

発表の標題 山梨県大月市における空き家の分布と地域的背景


詳細はこちらをご覧ください→http://www.ajg.or.jp/20190316/5236/

| 1年次 | 03:24 PM | comments (x) | trackback (x) |

国内研修 都留高に戻りました!

4日間の研修を無事終えて都留高校に戻りました。

研修の実施にあたり、御理解と御協力をいただきまして、本当にありがとうございました。


| 連絡 | 07:42 PM | comments (x) | trackback (x) |

国内研修 おみやげタイム

出発後、安達太良SAにて休憩です。

福島のおみやげを買う最後のチャンスということで、多くの生徒がたくさんのおみやげを買い込んでいました。

風が冷たいのにアイスを食べている生徒が何人もいました。




| 連絡 | 05:51 PM | comments (x) | trackback (x) |

国内研修 お別れ

たった2時間しか一緒にいなかったのに、お別れがこんなにもツラく悲しいのはなぜでしょう…

お互いに本気でぶつかり合えたからではないでしょうか。

若者らしく、SNSでの再会を誓っていました。





| 連絡 | 05:48 PM | comments (x) | trackback (x) |

昼食&交流会

お弁当をいただきながら、交流を深めます。

現地の高校生に聞いてみたいと思っていたことを実際に聞くことはできたでしょうか?




| 連絡 | 05:44 PM | comments (x) | trackback (x) |

合同ワークショップ②

各グループで作り上げたものを発表します。

自分たちが暮らす地域に設定されているので、現実的なアイデアがたくさん出されていました。

この4日間でメキメキ成長した姿が見られました。




| 連絡 | 05:41 PM | comments (x) | trackback (x) |

合同ワークショップ①

南海トラフ巨大地震が起きたという想定で、自分たちの住む地域に起こることや、それらを踏まえて自分たちができること、すべきことを福島の高校生と一緒に考えます。

避難所をどこにすべきか、電気やガスのインフラが復旧するまでにどれほどの時間がかかるのか、などの情報を、東日本大震災のときのことを参考にしながら、グループごとに模造紙にまとめていきました。





| 連絡 | 05:12 PM | comments (x) | trackback (x) |

国内研修 地元高校生による発表

会場の福島テルサに到着です。

合同ワークショップを行う前に、福島の高校生による3つのプロジェクトの発表が行われました。

福島の活性化、メニュー開発、中国の高校生との交流など、つる探の参考にもなるすばらしい内容と、堂々としたプレゼンでした。





| 連絡 | 05:04 PM | comments (x) | trackback (x) |

海外研修 昼食

ランチでは、和食を考慮したメニューなので、美味しく頂きます。
たくさんのフルーツが嬉しい!


| 連絡 | 11:02 AM | comments (x) | trackback (x) |

海外研修 グループレッスン

グループレッスンの様子です!



| 連絡 | 10:57 AM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >


ARCHIVES

<前月 2019年03月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

CATEGORIES

LINK

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)