NEWEST /    BACK >

対面式・部紹介

4/10(水)に対面式・部紹介が行われました。

対面式では、生徒会長の平井くんが歓迎の言葉を贈り、新入生代表の武原さんが都留高校の仲間入りをする決意を述べました。

その後、各部・同好会による部紹介が行われました。
各部の代表が90秒間の限られた時間で、様々なパフォーマンスを繰り広げ、新入生に魅力をアピールしていました。早速、放課後に部活動を見学する新入生の様子が見られました。



3学年が一体となって、都留高校を盛り上げていきましょう!!

| 学校行事 | 10:37 AM | comments (x) | trackback (x) |

221名が入学しました!

満開の桜の中、平成31年度の入学式が行われました。新入生代表中村優里さんの宣誓の後、合唱部による校歌披露があり、厳粛な中にも春の光のような新鮮な温かさを感じさせる式でした。新入生の皆さん、いよいよ高校生活のスタートです。頑張ってください!




| 学校行事 | 01:38 PM | comments (x) | trackback (x) |

「都留高探究プロジェクト」成果全体発表会

3月22日(金)、「都留高探究プロジェクト」成果全体発表会が行われました。
1年間の探究活動の成果として、各カテゴリーの代表全30グループが、ポスターとパワーポイントによる発表を行いました。

◇午前中はポスターセッション◇

聞く側との距離が近い分、質問も多く、発表にも様々な工夫が見られ、各会場ともたいへんな盛り上がりでした。




◇午後の部 開会式◇

富士急行株式会社の代表取締役社長堀内光一郎様より、富士急行線の最寄り駅である「上大月駅」に副駅名「都留高校前」が導入されることがサプライズ発表されました。これは、昨年度「都留高探究プロジェクト」最優秀研究「上大月駅を都留高校前駅に」のグループが行ったプレゼンテーションが契機となり、実現したものです。


サプライズ発表をしてくださった堀内社長様

◇午後の部 パワーポイントによる発表◇

その後、代表30グループの中から、さらに選抜された6組が、パワーポイントによる発表を行いました。





すばらしい研究に、皆興味津々。質問もたくさん出ました。

◇閉会式・表彰式◇

閉会式では、審査員の山梨大学教授大隅清陽先生より、講評と審査結果の発表をしていただき、パワーポイント、ポスターの最優秀グループが表彰されました。


表彰式の様子

本年度最優秀に選ばれたグループは以下の通りです。
<パワーポイント発表>
1位「ウスバキトンボの飛翔能の性差」
2位「誰もが住みやすいまちづくり」
<ポスター発表 理系>
「雨や大気の汚染は深刻~大月地域の大気汚染調査より~」
<ポスター発表 人文社会系①>
1位 大月空襲を次世代に伝える」
<ポスター発表 人文社会系②>
1位「駅で通訳案内~大月の活性化に貢献」
<ポスター発表 生徒投票による特別賞>
1位「落語に見る江戸文化」



<追記>
パワーポイント発表で2位となった「誰もが住みやすいまちづくり」のグループが推進を提案した「ヘルプカード」が、4月から大月市で採用されることになりました。
「都留高探究プロジェクト」における生徒の探究活動が、また新たなムーブメントに繋がりました!

| 学校行事 | 02:33 PM | comments (x) | trackback (x) |

213名の若鶴たちが母校から巣立ちました
 第69回 卒業証書授与式がおこなわれました

3月1日、本校の第69回卒業証書授与式がおこなわれ、全日制210名・定時制3名の若鶴たちが母校を巣立ちました。
 渡邊校長は式辞の中で、「18歳に達したみなさんは、これからは名実共に大人として扱われます。この卒業式を成人式だと思って、明日から自覚ある人生を歩んで欲しい」と卒業生にはなむけの言葉を贈りました。
 胸に薄紫のランの花を挿した卒業生たちは、在校生・保護者・来賓・職員の暖かい拍手に送られて吾嬬の広野に旅立っていきました。

 

左:卒業生代表に卒業証書が授与されました
右:全日制三カ年皆勤47名、定時制四カ年皆勤1名に「皆勤賞」が授与されました



左:渡邉信介校長の式辞
右:式辞に聞き入る卒業生

  

左:在校生代表の「送辞」
右:卒業生代表の「答辞」

  

左:卒業生が思いを込めて「仰げば尊し」を歌いました
右:在校生・職員も卒業生とともに「蛍の光」を歌いました

  

最後に全員で声高らかに「校歌」を歌いました



盛大な拍手に送られ、卒業生たちは大志を胸に式場を後にしました。

| 学校行事 | 01:10 PM | comments (x) | trackback (x) |

文化局発表会

1月24、25日に文化局発表会が行われました。在校生はもちろん、多くの保護者のみなさまにも、ご来場いただきありがとうございました。












| 学校行事 | 09:45 AM | comments (x) | trackback (x) |

自然科学研究発表大会

都留高の科学研究に高い評価

11月4日(日)に甲府東高校で開催された第39回山梨県高等学校芸術文化祭自然科学部門、自然科学研究発表大会に、本校からは物理部門に2、化学、生物、地学、ポスターの各部門に1の計6研究がエントリーし、SSH指定校からも多くの研究が出場する中で、各部門1位の芸術文化祭賞1、2位の県教育委員長奨励賞2を受賞するというすばらしい成果を残しました。エントリーした作品は次の通りです。

地学部門 「岩殿山礫岩層の礫の起源について」…芸術文化祭賞
化学部門 「Mind Reading Eggは実現可能か」…県教育長奨励賞
生物部門 「ウスバキトンボの飛翔能力の性差」…県教育長奨励賞
物理部門 「木材の熱伝導」
     「無風で揺らぐ炎~ロウソクの振動反応」
ポスター部門 「雨や大気の汚染は深刻~大月地域の大気汚染調査より」


  
ポスター部門での発表              化学部門でのプレゼン
  

| 学校行事 | 08:34 AM | comments (x) | trackback (x) |

中国の高校生が来校しました!

10月22日(月)、中国の高校生30名が来校しました。
本校の生徒と英語でコミュニーケーションをとりながら、様々な授業を体験しました。







アリーナにて、歓迎セレモニーを行いました。生徒会長が英語でスピーチをし、来校した高校生を歓迎しました.


お昼ご飯も一緒に食べて、お互いの国のおすすめのおかずを紹介し合いました。
放課後の清掃も経験し、楽しんで一日を終えました。

| 学校行事 | 07:25 PM | comments (x) | trackback (x) |

わかつるサイエンスフェスティバル

とっても親切に教えてもらえて、たのしかった
      わかつるサイエンスフェスティバルが行われました

10月6日(土)に、本校鶴聲ホールを会場に「わかつるサイエンスフェスティバル2018」が開催されました。この行事は本校と北都留地域教育推進連絡協議会が主催して10年以上も続けている恒例行事です。今年も南北都留地区から抽選でえらばれた小学生85名、保護者68名、計72組153名が参加して、8時30分~12時15分まで4時間弱、全員で取り組む3つのチャレンジブースと、自由に参加する「遊びの広場」の14のブースで、本校生の指導を受けながらさまざまな実験や体験にチャレンジしました。
参加した小学生からは「とても楽しかったり、うれしいことがあったり、発見もたくさんあって、また来年、来たいと思いました」との感想が多数寄せられました。 また、保護者からは「生徒さん達が子ども達と同じ目線に腰を落として話をしたり、関わったりする姿がとても良いな~と思いました」との感想も寄せられていました。裏方として参加してくれた生徒のみなさん、ご苦労様でした。




全員が参加した「チャレンジブース」では
・ホバークラフトをつくろう
・せんたく糊でスーパーボールをつくろう
・手作り顕微鏡をつくろう に挑戦しました。


「遊びの広場」では14のブースをまわっていろいろな実験や体験にチャレンジしました。


飛ぶ種の模型をつくろう          静電気で遊ぼう


カラフルイクラをつくろう スライムをつくろう


アルコールでロケットを飛ばそう -190℃の世界を体験しよう


眼の不思議 レバーの力で花火


不思議なお茶いかが 化石をとりだそう


素数糸かけ曼荼羅 マッチ棒パズル


正多面体の世界






| 学校行事 | 11:57 AM | comments (x) | trackback (x) |

体育祭

9月27日(木)、体育祭が行われました。
あいにくの雨で体育館実施となりましたが、みんなで楽しく盛り上がりました。

 
 
 
 

| 学校行事 | 06:32 PM | comments (x) | trackback (x) |

SAサマーアクセルキャンプ

夏季休業中にSAサマーアクセルキャンプを実施しました。これ
は期間中,クラスメートと寝食を共にしながら協働的・多様な
学びをするなかで社会に出てから必要になる「コミュニケーシ
ョン力」「協調性・協働性」「課題発見能力」「社会性」「行
動力」などの育成を意図して企画されたSAの中核的行事です。

2年次生も1年次生と同じく7月25日~27日の2泊3日の日程で行いま
した。宿泊場所は相模原市の国民生活センターです。

1日目

本校教員の平嶋先生は目標設定について講義してくれ,目標を
より達成できるよう計画作りやプロセスを詳細化しました(写真
左)。新書を読み,その内容について紹介しあい読書の楽しさや
大切さを実感し様々な本に興味を持ちました(写真右)。その他
にもグループワークを行いチーム力の強さを感じることができ
ました。


2日目

New York大学の講師でありCoca-Colaや三菱商事などのConsu
ltantをしているJoe-Hug先生による英語プログラムでQuizやGa
me行いました(写真左)。戸惑いながらも,みんなで楽しく過ごし
ているうちに自然と英語でコミュニケーションがとれました。ま
た,OBの大学生2人が講演をしてくれました(写真右)。大学受
験に向けて勉強方法を中心に話をしてくれました。


3日目

英語のプレゼンスピーチがあり,1人で3分間以上の原稿を見ず
に英語で行いました(写真左)。上手にできるか不安でしたが,み
んな上手にできました。また,〝One Young World Japan Comm
ittee”公式アンバサダーである浅見先生による講演では受験期の
困難や苦悩をどう乗り越えるかを聞くことができました。
無事に3日間の日程を終えることができました(写真右)。

今年度のキャンプでは英語プログラムを通じて,多くの生徒が英
語の重要性を認識できたと思います。「英語漬けで最初は逃げた
くなりましたが,段々と耳も慣れてきて自然と英語で会話できる
ようになりました。勉強も大切だけど語学なので積極的にコミュ
ニケーションをとっていくことが上達の秘訣だと感じました。」
という感想もありました。
また,受験を意識することもでき,勉強に対するモチベーション
が上がった人がほとんどでした。「大学受験が本当に大変な事だ
と思った。受験期の苦しさや辛さが伝わり不安を感じたが,今か
ら受験に対する覚悟ができた。」という感想もありました。
この3日間,有意義な時間を過ごせたと思います。

| 学校行事 | 12:24 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >


ARCHIVES

<前月 2019年05月 次月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

CATEGORIES

LINK

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)