NEWEST /    BACK >

SAサマーアクセルキャンプ

夏季休業中にSAサマーアクセルキャンプを実施しました。これ
は期間中,クラスメートと寝食を共にしながら協働的・多様な
学びをするなかで社会に出てから必要になる「コミュニケーシ
ョン力」「協調性・協働性」「課題発見能力」「社会性」「行
動力」などの育成を意図して企画されたSAの中核的行事です。

2年次生も1年次生と同じく7月25日~27日の2泊3日の日程で行いま
した。宿泊場所は相模原市の国民生活センターです。

1日目

本校教員の平嶋先生は目標設定について講義してくれ,目標を
より達成できるよう計画作りやプロセスを詳細化しました(写真
左)。新書を読み,その内容について紹介しあい読書の楽しさや
大切さを実感し様々な本に興味を持ちました(写真右)。その他
にもグループワークを行いチーム力の強さを感じることができ
ました。


2日目

New York大学の講師でありCoca-Colaや三菱商事などのConsu
ltantをしているJoe-Hug先生による英語プログラムでQuizやGa
me行いました(写真左)。戸惑いながらも,みんなで楽しく過ごし
ているうちに自然と英語でコミュニケーションがとれました。ま
た,OBの大学生2人が講演をしてくれました(写真右)。大学受
験に向けて勉強方法を中心に話をしてくれました。


3日目

英語のプレゼンスピーチがあり,1人で3分間以上の原稿を見ず
に英語で行いました(写真左)。上手にできるか不安でしたが,み
んな上手にできました。また,〝One Young World Japan Comm
ittee”公式アンバサダーである浅見先生による講演では受験期の
困難や苦悩をどう乗り越えるかを聞くことができました。
無事に3日間の日程を終えることができました(写真右)。

今年度のキャンプでは英語プログラムを通じて,多くの生徒が英
語の重要性を認識できたと思います。「英語漬けで最初は逃げた
くなりましたが,段々と耳も慣れてきて自然と英語で会話できる
ようになりました。勉強も大切だけど語学なので積極的にコミュ
ニケーションをとっていくことが上達の秘訣だと感じました。」
という感想もありました。
また,受験を意識することもでき,勉強に対するモチベーション
が上がった人がほとんどでした。「大学受験が本当に大変な事だ
と思った。受験期の苦しさや辛さが伝わり不安を感じたが,今か
ら受験に対する覚悟ができた。」という感想もありました。
この3日間,有意義な時間を過ごせたと思います。

| 学校行事 | 12:24 PM | comments (x) | trackback (x) |

SAサマーアクセルキャンプ

夏季休業中にSAサマーアクセルキャンプを実施しました。これ
は期間中,クラスメートと寝食を共にしながら協働的・多様な
学びをするなかで社会に出てから必要になる「コミュニケーシ
ョン力」「協調性・協働性」「課題発見能力」「社会性」「行
動力」などの育成を意図して企画されたSAの中核的行事です。

1年次生は7月25日~27日の2泊3日の日程で,鳴沢村に宿泊
しました。

1日目は1年次主任 大神田先生が「アクティブ英語」というテ
ーマで,英語の学習法についてアクティビティもいれながら,
講演してくれました。



左)2日目の朝です。鳴沢村の朝のさわやかな空気のなか,ラジ
オ体操で1日の始まりです。
右)2日目のメインイベント!富士山麓の樹海の自然観察です。
ネイチャーガイドさんの案内で,植生と溶岩との関わりを中心に
観察しました。このあとの発表会のためにみな必死にメモや写
真での記録などを行っています。



左)2日目の夕食はバーベキューです。期間中,体調も崩さずに
みんなよく食べました。
右)夕食後の学習の時間です。この日はOBの大学生が3名学習
サポートにきてくれました。「わかりやすかった」ととても評判
でした。



学習の合間のリフレッシュとして三枝先生がダンスの基本的な
動きを取り入れたストレッチを教えてくれました。みな三枝先
生の柔軟性にびっくりです。



最終日である3日目は,都留文科大学と国際基督教大学の先生
にお越しいただいて,大学での対話型学びを体験しました。本
校でもアクティブ・ラーニング型の授業を受けている成果か,
戸惑いもなくスムーズに取り組むことができました。写真は,
国際基督教大学の先生による授業で,いくつかの果物のDNA
抽出の実験をし(左),果物によってDNAが抽出できる果物と
抽出できない果物がある理由を考えている様子(右)です。


全日程終了後,今回の行事による学びを振り返りました。以下は記述例です。
 ・協力友情を高められた
・個人で学ぶことと集団で学ぶことの違いはなにかが分かった
 ・集団で学ぶことにより自分自身の学習の意欲が高まった
 ・受け身ではなく,自分から能動的に学ぶべきだと感じた
 ・初めて知った勉強方法や観点がたくさんあった
 ・疑問を持つことの大切さは改めて学んだ
 ・「主体的」に学ぶことの大切さを,たくさんの講義で実感すること
ができた
 ・学ぶことは将来に役立つのだと思った
 ・特に英語は大神田先生の言葉が響いて,明日から変えていこうと
強く思った。
 ・学びに楽しさを感じるようになることができた良い3日間だった
 ・チューター等に積極的に質問できたし,キャンプ前よりも前向きに
「学び」を捉えられるようになったと思う


多くの生徒が,主体的に学ぶことの大切さを認識するなど,
学びに対する考え方を前向きに捉えるようになりました。
1年次のSAサマーキャンプにご協力いただいた多くの皆様
ありがとうございました。




| 学校行事 | 10:07 AM | comments (x) | trackback (x) |

オープンスクール

都留高校で、自分の未来、地域の未来、日本(世界)の未来を創ろう!
    …都留高オープンスクールが行われました

 8月25日(土)に本校を会場に「都留高校オープンスクール」が行われました。

 
開会1時間前から会場のアリーナ入り口前には大勢の中学生や保護者が集まってくれました。広いアリーナは参加者で満員、熱気が充満しています。


説明会前に行われた吹奏楽部と合唱部によるミニコンサート、迫力ある演奏やすてきなハーモニーに一時暑さも忘れそうです。

  
   渡邉校長先生が語りかけます      教務主任が詳しく説明します

 吹奏楽部と合唱部のミニコンサートに引き続いて行われた学校説明会では、はじめに渡邉校長が本校の目指す教育について、参加者に「都留高校で、自分の未来、地域の未来、そして日本や世界の未来を共に創りましょう」と呼びかけました。引き続き、教務主任による本校の特色と入試概要の説明が行われました。
その後、生徒による学校紹介が「都留高半端ないって」をキーワードに、生徒から寄せられた学校生活全般の質問にパネリストの生徒が答える形でおこなわれました。SAクラスの独自の取り組みについてはSAクラスの生徒が詳しく説明し、本校独自の探求活動である「つる探」の説明は「上大月駅を都留高校前駅に」の研究グループが、自分たちの研究成果の発表をまじえて詳しく説明しました。


  
  左)生徒による学校紹介、参加者に生の都留高生の声が届けられました
  右)「つる探」…地図に残る研究がしたかったという想い、参加者に届きましたよ


 体育館で行われた説明会の終了後、生徒と保護者は出身中学校ごとにHRや特別教室に移動し、各中学校出身で本校に在学する生徒や大学生から本校についてのさまざまな話を聞き、本校についての理解を深めました。交流会の後は、校内の各所で行われている部活を見学し、本校の部活動の一端に触れていました。

 
説明会に続いて行われた「在校生・大学との交流会」では、同じ中学校出身の本校生や大学生が高校生活や都留高校について熱く語る話に耳を傾けました。


 
部活動見学では、目の前で繰り広げられる先輩達の生き生きとした姿に熱い視線が注がれていました。


左)先輩の優しい指導で、実際の活動を体験することも出来ました。
右)部活見学と並行して、保護者対象の質問会も開催され、教頭らが、保護者の質問に丁寧に答えていました。


 母親と共に参加し、学食で昼食を取っていた女生徒は、今までに3校の説明会に参加したが、説明会と学校見学が一緒になっていたので、都留高の様子がよく分かりました、と今日の感想を話してくれました。










| 学校行事 | 10:05 AM | comments (x) | trackback (x) |

サイエンスツアーつくば・かしま

夏季休業中の8月7~8日の1泊2日の日程で「サイエンスツ
アーつくば・かしま」に都留高校の1年次生40名が行ってき
ました。この行事は最先端の科学技術や研究に触れるなかで研
究に対する姿勢を学ぶことにより,自己の在り方を考えること
を意図して企画された行事です。

まずはじめに筑波大学で燃料電池を研究する石田教授の研究室
を訪問させていただきました。


まずはじめに石田教授より燃料電池の仕組みについて説明して
いただきました(写真左上) その後2グループに分かれて,石
田研究室の学生さんの指導の下,Aグループは燃料電池の組み
立て(写真右上),Bグループは実験施設の見学をさせていただ
きました(写真下左右)


午後は,まず高エネルギー加速器研究機構を訪問させていただ
きました。高エネルギー加速器研究機構(KEK)は,加速器と呼
ばれる巨大な装置を使って基礎科学を推進する研究所です。

左)はじめにコミュニケーションプラザで常設展示を見学し,加
速器が動く仕組みや素粒子について学びました
右)加速器を見学しています。巨大な装置ですべてを写すことは
できませんでした

午後の2つ目の訪問施設は物質材料研究機構です。物質材料研
究機構(NIMS)は,物質や材料の基礎・基盤研究開発はもとより
材料の研究開発を行うことにより,持続的な社会構築に材料分
野を通して貢献することを目指しています。

左)はじめに物質材料研究機構について,映像等を用いてわかり
やすく説明していただきました
右)地震に強い材料として高層ビルに用いられる形状記憶超合金
は,特に生徒の関心を集めていました 担当者の方に説明してい
ただいたあとも,個人的に熱心に質問している生徒も見られまし


宿舎に移動して夕食・入浴後,施設見学や事前学習の成果の報
告発表会を行いました。

左)グループごとに発表の準備をしています
右)発表の様子 短い準備時間のなかで,要領よくまとめていま
した


翌2日目は,茨城県鹿嶋・神栖地域のバイオマス発電所や風力
発電所などを見学予定でしたが,台風13号による当地域の暴風
雨のため急きょ中止になりました。

予定どおりの日程を消化することはできませんでしたが,サイ
エンスツアーを通して,エネルギー問題の重要性に気づいたり,
科学研究に対する関心を高める生徒が多くみられ,充実したツ
アーとなりました。ご多忙のなか,貴重な経験をさせていただ
いた見学施設の職員の方々,本当にありがとうございました。

| 学校行事 | 08:45 AM | comments (x) | trackback (x) |

野球応援(7月10日、14日、18日)

 都留高校野球部ベスト8!

夏の高校野球とその応援が行われました。
10日2回戦 韮崎工業高校戦、3年次応援
14日3回戦 市川高校戦、2年次応援
18日準々決勝で山梨学院高校戦は1年次と3年次の全員応援となりました。
 
結果は以下の通りです。
2回戦
都留 201000301 7
韮工 102000000 3
 3回戦
都留 000012211 7
市川 010300101 6
 準々決勝
都留 300001000 4
山学 00203021× 8



準々決勝では第一シード山梨学院に中盤まで互角の戦いを演じました。結果は負けてしまいましたが、見事ベスト8に入る戦いぶりでした。

生徒会、吹奏楽部、応援の生徒それぞれがみな大きな声で応援を行い、校歌を一丸となって高らかに歌いました。都留高校生として一体感がもてた瞬間でした。
野球部顧問の柏木先生も「3年生中心に粘って頑張れた。野球応援が部員の力になった。」と感謝の言葉を述べていました。



攻撃中休まずに応援を続けた吹奏楽部員と生徒会のメンバー



勝利して喜ぶ応援生徒と生徒会の面々

| 学校行事 | 04:42 PM | comments (0) | trackback (0) |

科学館ワークショップ

6月30日の土曜日に,SAの1年次生40名が山梨県立科学館でワーク
ショップを行わせていただきました。これは社会に出てから必要になる
「コミュニケーション力」「協調性」「探究心」「社会性」の育成を
意図して企画された行事です。


山梨県立科学館の一日職員となって,山梨県立科学館を訪れた
子どもに様々な催しを提供するというものです。
まずはじめに山梨県立科学館の職員の方から説明を受けました。


子どもとコミュニケーションをとるために,表情や目線の高さなどにも
気をつけています。

 
帰宅後、今回の行事による学びを振り返りました。多くの生徒が自ら
考えたうえで主体的に行動できたと振り返っていました。また相手に
うまく伝えること(=コミュニケーション力)の重要性と難しさを実感す
ることができました。


山梨県立科学館のみなさん,貴重な体験をありがとうございました。

| 学校行事 | 12:34 PM | comments (0) | trackback (0) |

若鶴祭開催!

6月27日、28日に第63回若鶴祭が開催されました。


短い準備期間の中で作り上げた成果を、思う存分発揮しました。








くわしくはこちら


若鶴祭1日目放送予定(ケーブルネットワーク大月・11ch)

くわしくはこちら

| 学校行事 | 02:29 PM | comments (0) | trackback (0) |

6月16日(土)3年生がGTECを受験しました!

GTECとは、「Global Test of English Communication」の頭文字をつなげたもので、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を測るスコア型英語4技能検定試験です。2020年度からは、「大学入試センター試験」や「実用英語技能検定(英検)」と同様に、大学入試に出願する際の英語得点として利用が可能になります。


スピーキングはタブレットを使用します  集中して問題を解く生徒たち



学園祭前の忙しい時期でしたが、生徒たちはとても意欲的に取り組んでいました!

| 学校行事 | 09:46 AM | comments (0) | trackback (0) |

英語弁論大会に出場!

6月8日(金)に、本校3年生の荒美彩子さんが、英語弁論大会に出場してきました!

荒さんは、"The Weapon(武器)"と題し、教育こそが、世界を変えていくためのもっとも強力な武器である、というスピーチを行いました。原稿作成に1ヶ月以上をかけ、ALTのデューク先生と直前まで練習を重ね、非常に立派な発表でした。結果は優秀賞(第2位)でしたが、発表を終えた後の荒さんの清々しい笑顔がとても印象的でした!

 

| 学校行事 | 09:42 AM | comments (0) | trackback (0) |

6月9日(土)特別講演会

『ユメタン』シリーズの著者である
木村達哉先生(灘中学・高等学校教諭)が、
本校の生徒のためにわざわざお越しくださいました!


「47都道府県制覇」の記念撮影(大月駅前にて)


木村先生は、全国各地で講演会やセミナーを実施なさっていらっしゃいます。今までに46都道府県でご講演等のご経験をお持ちですが、実は山梨県ではまだ一度もこういった機会を持つことがありませんでした。そんな木村先生が、ついに山梨県に、しかもこの大月の地にいらしてくださったのでした!



まず1コマ目は、本校3年生を対象に、「なぜ学ぶのか」「なぜ大学を目指すのか」「受験勉強とは」といった切り口から、お話をしてくださいました。1時間という時間があっという間に過ぎていきました。




2コマ目は1年生が対象です。「努力の大切さ」や「単語学習の重要性」など、1年生にとって、これからの高校生活にとても大きな意味を持つお話をしてくださいました。講演会終了後のサイン会にも長蛇の列ができていました!



木村先生の、軽妙な中にも時折繰り出される人生訓や、一度きりの人生をどう生きるのかといった、少し重たいような内容も、木村先生のすばらしい話術によって、生徒一人ひとりの心にすっと入ってきているように見受けられました。

全都道府県の最後の県として、また、その山梨県の中の初めての学校として、本校で講演会を行うことができたことに関係各位に深く感謝申し上げます。そして、遠路はるばる本校生徒のために足を運んでくださった木村達哉先生に重ねてお礼申し上げます。本当にありがとうございました!!


生徒の感想の一部を掲載します。(クリックすると拡大します。)


                                    (3年生)

                                    (3年生)

                                    (3年生)

                                    (3年生)

                                    (1年生)

                                    (1年生)

                                    (1年生)

                                    (1年生)

                                    (1年生)

                                    (1年生)

| 学校行事 | 07:51 PM | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >


ARCHIVES

<前月 2018年09月 次月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

CATEGORIES

LINK

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)