NEWEST / < NEXT   BACK >

自然科学研究発表大会

都留高の科学研究に高い評価

11月4日(日)に甲府東高校で開催された第39回山梨県高等学校芸術文化祭自然科学部門、自然科学研究発表大会に、本校からは物理部門に2、化学、生物、地学、ポスターの各部門に1の計6研究がエントリーし、SSH指定校からも多くの研究が出場する中で、各部門1位の芸術文化祭賞1、2位の県教育委員長奨励賞2を受賞するというすばらしい成果を残しました。エントリーした作品は次の通りです。

地学部門 「岩殿山礫岩層の礫の起源について」…芸術文化祭賞
化学部門 「Mind Reading Eggは実現可能か」…県教育長奨励賞
生物部門 「ウスバキトンボの飛翔能力の性差」…県教育長奨励賞
物理部門 「木材の熱伝導」
     「無風で揺らぐ炎~ロウソクの振動反応」
ポスター部門 「雨や大気の汚染は深刻~大月地域の大気汚染調査より」


  
ポスター部門での発表              化学部門でのプレゼン
  

| 学校行事 | 08:34 AM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >


ARCHIVES

<前月 2018年12月 次月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

CATEGORIES

LINK

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)